アドベンチャー企業の一年

画像個人事業主と登録、名乗って1年が過ぎようとしている。年末のなので、今年の総括を記しておきたい。赤裸々な内容でいささか恥ずかしいが、どなたかの何かの助けになるかもしれないので、ブログとしてアップしておきたい。
まずは、よかったこと。
1)多くの知りあい、つながりができたこと。藤村靖之先生の講演会をきっかけに多くの方とお知り合いになることができた。中には人生について共に歩み悩みを共有できる「仲間」「先輩」と呼びたい方々もいてありがたい限りである。本当に本当によかった。今年一年会えた全ての方々にありがとうと伝えたい。
2)多くの体験ができたこと。非電化ワークショップの開催や独立型ソーラー発電システムの製作など、会社をやめなければできない多くの体験ができた。これもすべて提案、お願いしてくださる方がいたからこそ。そして、想像と大きく異なり、おかげさまで非常に忙しい1年となった。(やはり、スローライフは忙しい。)

次に課題。いくつかあるが、大きな課題として「事業の収支は大きくマイナスで、稼ぎの面で非常に厳しい1年だった」ということがあるため、これについて具体的な課題を記しておく。
1)ひとつの仕事に時間・お金がかかりすぎた。ワークショップにしろ、ソーラー発電システムの設計や製作にしろ、経理のことにしろ、初めてのことは何かと時間・お金がかかってしまい、ひとつひとつの仕事がトントンと進まない1年だった。来年は、今年の経験を元にブラッシュアップしながら、スピーディーに仕事を進めてみたい。
2)お客様探しがうまくいかなかった。年初に生前遺影撮影の記事を、小さな新聞に記事としては大きく載せて頂いたが、反応が鈍くなかなか仕事に結びつかなかった。「写真を通じたリラックス&自己発見」のワークショップも、どうやったらお客様が見つかるか分からないまま時間だけが過ぎていった。知り合いには「いい仕事だね」とおっしゃって頂いているし、自分でも必要性や熱意を感じているので来年も継続するが、まずはお客様が見つからないと本格始動できないという状況。どなたか、お知恵を貸してください。本当にお待ちしています。「みよしや非電化工房松本支部」のHP「お問い合わせ」に連絡先がありますので宜しくお願いします。

さて来年の目標は、上の課題を解決しつつ「生活出来る複業家」になること。それから、もっともっと仲間と過ごす時間も増やしたいです。アドベンチャー事業主の2年目がもうじき始まります。わくわく、ぬくぬく、てくてくの基本スタンスは忘れないでいきたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック