わくわくぬくぬくてくてく

アクセスカウンタ

zoom RSS 独立型ミニソーラー発電機を改良しました。

<<   作成日時 : 2015/04/06 17:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像画像画像画像画像画像好評を頂き、製作ワークショップや販売を続けております、独立型ミニ・ソーラー発電機ですがこのほど仕様の一部を改良しましたので、その紹介をさせて頂きます。

まず基本仕様ですがこちらは変わっておりません。
・ソーラーパネル: 最大出力20W
・バッテリー: 定格電圧 12V ディープサイクル型 20Ah
・充電コントローラー: 最大入力20A 12V/24V自動切替
・DC-ACインバータ: 定格出力: 300W USB充電端子付き(擬似正弦波タイプ)
・寸法:幅50cm×奥行40cm×高さ95cm 重量:約13kg

そして使用例については以下の通りです。
・フル充電時の使用時間(目安): 
 >LED電球(12V、5W):48時間
 >ノートPC(30W):6時間
 >スマホの充電については20〜30台をフル充電にできます。
・完全放電後〜フル充電までの時間:晴天時でおよそ4日間

では何が変わったかというと、1点はシガー&USBソケットを標準装備しました。これの改良で次のように使いやすくなりました。まずシガーソケットですがワンタッチで接続できるというメリットのほか逆接続の防止に有効です。以前、DC/ACインバーターのプラスとマイナスを逆に接続して、インバーターが故障してしまったというお客様がいらっしゃいましたが、こういった心配がなくなりました。

またUSBの端子も加わっており、インバーターを介さなくてもスマホの充電できるようになりました。つまり静かで高効率なUSB給電が可能になったということです。さらにオプションとなりますがUSBライトをご用意しました。USB端子にこのライトを接続すれば非常時もしくはアウトドアの夜間照明として使うことができます。
これら2種類のソケットは、充電コントローラーのLOAD端子から給電されており、バッテリー電圧が下がった場合は充電コントローラの自動制御で給電が停止する安心機能も働くようになっています。

2つめの改良点は、ソーラーパネルのコーナー部分にガードを設けたことで、この改良によって持ち運びの際などの怪我のリスクが軽減されました。見た目もちょっと可愛くというか優しい感じなったと思います。(が、どうでしょうか?)

そして以下の仕様も標準装備としています。
・ソーラーパネルに「耳」をつけて、折りたたみ時のソーラーパネルへの傷を防止。
・ソーラーパネル折りたたみ時は、パネルの角度を変えることにより、高効率での発電が可能に。
・充電コントローラー配線部には配線のショート防止対策として絶縁キャップを標準装備。見た目の安心感も違います。

電装BOX内は余裕がありますので、使用する機器を収納したり、バッテリーを容量の大きなものに置き換えるなどの改良にも対応できるます。

というわけでこの発電機の完成品の販売のほか、製作して頂くためのワークショップも随時開催していますので、興味のある方はみよしや/非電化工房松本支部のHPをご確認ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
独立型ミニソーラー発電機を改良しました。 わくわくぬくぬくてくてく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる